お酢で夏バテ対策!

ストレスで夏バテ

夏になると、夏バテをすることが多くなります。それはスポーツをしている人だけにかかわらず、仕事をしている人たちが外と部屋の中の温度が違いすぎるのでその結果、体がストレスを感じて夏バテを起こすことになります。そのままにすると、ますます体のだるさが襲ってきます。なんとかしたいですね。
そんな時、お酢をとることにより夏バテ防止を図ることができます。お酢は体の代謝を促進させることが出来るので、その結果、体の老廃物を排出しやすくできるのです。そのことから、お酢を使った料理で夏バテをしないようにしたいですね。
ここでは、中華ドレッシングで作る料理についてご紹介します。どれも簡単に作れて自分で作ったものは市販品よりもおいしいのでオススメです。またおいしい合わせ酢で作ると簡単に中華のたれができるのでそちらもオススメです。

今年こそ夏バテを予防しましょう。

お酢で中華ドレッシング

・中華ドレッシング
中華ドレッシングと言うと、どんな風に作るといいのでしょうか。市販でも販売されていますね。しかし市販のものは少し脂っこい、味が濃いと思うことがありませんか?そんな時には、自分で作ってみましょう。
それは、お酢とごま油、醤油で作ることができます。その中には、どんなものを入れてもOKです。例えばしょうがが好きな場合は、しょうがを細かく刻んだものをいれるといいですね。すると代謝が良くなるので、とてもいいです。
またスタミナをつけたいと思っている時には、にんにくのすりおろしなどもOKです。そのようにアレンジしやすいことも、市販のドレッシングとの違いです。自分が好きなものを入れて楽しみましょう。

中華ドレッシングアレンジ

・春雨のサラダ
中華と言うと、春雨を多く使います。春雨はさっぱりとしているので、ペロンと食べることができます。夏の暑い時に、さっぱりとした春雨のサラダを作りましょう。その時、お酢を多めにすると、更にさっぱり食べることができます。その中には、千切りにした卵、きゅうり、ごま、人参などをいれると彩りよく仕上げることができます。
また春雨は、ほかの麺類と違ってカロリーが低いのでその点でも嬉しい食材ですね。

市販のドレッシングもいいですが、たまには自分でつくるドレッシングもいいですよね。最近ではそういうアレンジの効くお酢が通信販売で購入できたりもしますし、手軽においしくお料理の準備をしましょう。