お酢を使った常備菜があると便利

お酢は減塩や疲労回復効果などがあり、美容や健康に嬉しい調味料です。
お酢を使った常備菜があると、もう1品欲しいときにも便利です。

お正月などに登場する「なます」を作って常備しておくのもお勧めです。
調理法は大根と色和えに人参を細切りカットします。
細切りカッターを使えば、さらに簡単に調理ができます。

細切りにしたものを塩で揉んで水分を出します。
それをお酢と塩と砂糖で味付けをします。

味見をしながら、好みの味に調整していくと良いでしょう。
お酢は穀物酢でも良いですが、酸味が気になる場合は、米酢や柑橘系のお酢でも良いでしょう。

それをタッパーなどに入れて、冷蔵庫で保存をします。
食べる分だけ、小鉢などによそおって頂きます。

たくさん作った時は冷蔵保存だけではなく、冷凍保存しておくと便利です。
小分けにしたものを保存袋に入れて、密封をしてから冷凍保存をします。

解凍は冷蔵庫で自然解凍するだけで食べられます。
酢のものは春から夏にかけて、さっぱりしたものが食べたい時に重宝します。